サイトアフィリ、ドロップシッピング、時間管理、ツイッターアフィリなど。作業記録ですよ。

フォローマティックX3がマニュアル書けないわけがわかった。

私が今、フォローマティック使おうとして、

Twitterアプリ取得するために申請してるけど

通らないw

 

Twitterアプリの申請自体が難易度高い。

なぜなら、『300文字以上英語で説明しなさい』ってのがあるから。

これは、英語できる人には簡単なことだけど

普通の日本人『英文作れ』って言われた時点で9割脱落だよね。

 

 

軽いジャブを二回打って差し戻されたから

ガッツリ理由書かないといけないんだ。

英語で。

 

Twitterアプリ使わないツールがほしいw

Twitterアプリを使うツールがいやだから

できるだけ使わないようにまわしてきたけど

それが顕著に出たね。

 

これでTwitterアプリ使うツールは激減するよね。

いや、アプリ作成者は理由をガッツリかけるから

申請とおるだろうけど

私達みたいな、

『ツールを使うためにアプリが必要』とかいうモチベーションだと

その理由を書くのが大変。

 

簡単な手順。

  1. アプリを申請する。
  2. アプリウインドウで300文字の英文を書く。
  3. 申請ゴー。
  4. 『申請受諾しました』メールすぐ来る。
  5. 六時間ぐらいあとに『理由説明して』メール来る。←差し戻し。
  6. 二週間ぐらい放置してた。
  7. 二行説明して送信。
  8. 24時間ぐらいあとに『その理由じゃ足りない』←差し戻し二回目。←今ココw

ガッツリ論文組まなきゃいけないのかな。

 

とりあえず、資料集めてまた申請する。

とにかく『差し戻し』はされるけど『駄目です』は無いみたいな気がするから。

 

まとめ

とりあえず、受かるまで申請し続けるから

いつかは受かると思うけど、

これは、マニュアル化して、たくさんの人に~

ってのは、かなりムリだろうと思う。

 

フォローマティックのマニュアルが出せないのもコレじゃないかな。

という、推論でした。

 

 

 

このブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。